スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

賢さが前面に出てる!?羽生結弦選手が卒業論文を元に執筆した論文の見出しが公開される

まとめ
479: 名無しの貴婦人

@羽生結弦 君が早稲田大学の卒業論文を元に執筆した論文

「無線・慣性センサー式モーションキャプチャシステムのフィギュアスケートでの利活用に関するフィージビリティスタディ」

が収録された『人間科学研究』を指導教員の西村昭治先生から頂きました。
卒論を単著で投稿って凄い、まさに文武両道だね。

 

497: 名無しの貴婦人
>>479
順天堂大学スポーツ科学准教授

 

502: 名無しの貴婦人
>>479
凄いことなんだ
専門家から見て内容もいいってことだよね

 

504: 名無しの貴婦人
>>479
もらってる人がいるー
いいなー

 

510: 名無しの貴婦人
>>479
うおおお読みたい

 

524: 名無しの貴婦人
>>479
当たり前だけど女性自身の切り取りとは全然印象違うね

 

541: 名無しの貴婦人
>>524
読んだの?

 

530: 名無しの貴婦人
>>479
俺にもくれ

 

911: 名無しの貴婦人
>>479
英文のところちょっと見切れてるけど
「重心と接触面(床面の圧力が上昇する場所と〇〇の場所を特定することが可能であり」
「プレ回転と回転不足を客観的な特定が可能」
とあるね

 

926: 名無しの貴婦人
>>911
やばw頭良すぎんか?顔も

 

945: 名無しの貴婦人
>>911
だから海外ファンがうっとりしてるのか

 

956: 名無しの貴婦人
>>911
英文も羽生が書いたの?

 

981: 名無しの貴婦人
>>956
もちろんそうだけど英文のチェックはしてもらってる(というか必ず入る)

 

932: 名無しの貴婦人
>>479
英訳も最初から載るんだ!

 

543: 名無しの貴婦人
>>479
かっこ良すぎるんだけど

 

545: 名無しの貴婦人
>>479
2日前に卒論届いてるのか

 

547: 名無しの貴婦人
>>479
この人順天堂大学の准教授なんだ

 

556: 名無しの貴婦人
>>479
一昨日だ
いいないいな

 

565: 名無しの貴婦人
>>479
順天堂大学スポーツ健康科学部准教授だって
専門はスポーツ科学

 

586: 名無しの貴婦人
>>565
でもこの人は西村先生から貰ったんでしょ
簡単に手に入るものじゃないのかな

 

573: 名無しの貴婦人
>>479
卒論を元に執筆した論文なのね
タイトルが違うね
読んでみたい

 

614: 名無しの貴婦人
>>573
卒論に加筆・修正したもの だね

 

629: 名無しの貴婦人
>>614
卒論に加圧に空目した

 

641: 名無しの貴婦人
>>629
おいw

 

531: 名無しの貴婦人
読みたい読ませてくれ
お金出すから受注販売してくれ

 

534: 名無しの貴婦人
論文のタイトルかっこいい
文系のワイは意味わからないけど

 

550: 名無しの貴婦人
これ早稲田の図書館で読めるかな?
校友カード作るで!

 

210: 名無しの貴婦人
〇〇は見切れ部分
Abstract
The wireless inerutia sensor type motion capture does not interfere with the operation of the device wearer.
As a result of the experiment,it became clear that when jumping figure skating on the skating rink 〇〇 position of each joint can be accurately obtained.
In addition,by analyzing the skeleton,it is possible to identify the center of gravity and contact points (where the pressure increases on the ground and the ◯◯ where it is installed).”and the jump strictly follows the rules.
It was possible to quantitativery clarify 〇〇 the jump was strictly according to the rules.
概要
ワイヤレス慣性センサータイプのモーションキャプチャは、デバイスの着用者の操作を妨げません。
実験の結果、スケートリンクでフィギュアスケートをジャンプする際に、各関節の位置を正確に得ることができることが明らかになりました。
また、スケルトンを解析することで、重心と接触点(地面の圧力が上昇する場所と設置場所の◯◯)を特定することができ、ジャンプはルールに厳密に従っています。
ジャンプはルールに厳密に従っていることを定量的に明らかにすることができました。

 

243: 名無しの貴婦人
>>210
賢い

コメント