スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

TVディレクターが語る羽生結弦選手「天と地に挟まれた薄氷の上を人ここにありと駆ける者」

まとめ
304: 名無しの貴婦人

@ nobuhide abe 阿部修英

“天の時は地の利に如かず
地の利は人の和に如かず”(孟子)

本来は天と地がいかに恵まれようと
人の和こそ肝要と説く言葉。

でもいま天は怒り、地は分断。
ゆえに人の和が求められる時。

天と地に挟まれた薄氷の上を
“人ここにあり”と駆ける者。
集める視線。

「人の和に如かず」を導く者。
圧巻。

329: 名無しの貴婦人
>>304
学がある人って凄いね

 

340: 名無しの貴婦人
>>329
語彙力が羨ましい

 

360: 名無しの貴婦人
>>304
阿部さんいいね
羽生関連がある度にこの人呟いてるけど羽生に会ってないのに羽生関連の取材で更に興味持ったんだろうな

 

369: 名無しの貴婦人
>>304
阿部さんポエマーやな

 

372: 名無しの貴婦人
>>304
今回阿部さんのそのツイと矢口さんのフリー後のツイでまた泣いたw

 

807: 名無しの貴婦人
>>304
頭悪い自分にはさっぱりわからない
悲しい

 

390: 名無しの貴婦人
>>304
ううっさすがプロ
こういうお手紙書きたい

 

307: 名無しの貴婦人
天と地とをプログラム版に編曲再現した人が「鬼ミキシング」だと驚いていたよ

 

323: 名無しの貴婦人
>>307
羽生さんいろいろ機材買ってやってそうだねw

 

396: 名無しの貴婦人
>>323
羽生が編集したの?矢部さんじゃなくて?

 

472: 名無しの貴婦人
>>396
最終的には矢部さんが纏めたかもしれないけど羽生が編集または編集に関わったようなインタがあったよ

 

488: 名無しの貴婦人
>>472
実際に滑ってみてコンマ1秒にもこだわるよね

 

513: 名無しの貴婦人
>>472
これだね
 ――琴は。
 「日本風なより日本風に持って行きたかったので。あそこは自分の中では信玄公と闘った後に、川中島で闘った後に、霧に包まれて離ればなれになって、自分と向き合っている時間みたいな感じなんで。琴の音とかで自分と向き合いながら、自分の鼓動が鳴っているのとか、血が流れている感覚とか、スっと殺気が落ちていく感じが感じられたらいいなと思います。
このプログラムの選曲自体は自分がやっているんで。選曲、編集もかなりバージョン作ってやったので、音自体にもすごい込められていますし。ただ、僕は音楽家ではないので、やっぱりスケートと合わせた上でのものになっているのかなという思いはあります」。

 

554: 名無しの貴婦人
>>513
爺ありがと

 

522: 名無しの貴婦人
>>472
絶対これは羽生編曲に関わってるなとは思った

 

460: 名無しの貴婦人
>>307
それ凄くね?

 

335: 名無しの貴婦人
>>307
だろうね
2曲のいろんな部分が混じりあってて覚えられないくらいだものw
あれ聴きとれるだけでも凄いなと思った

 

コメント