スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロイター通信が羽生結弦選手プロ転向を2022年の振り返り記事としてピックアップ

スポンサーリンク
海外関連
スポンサーリンク

翻訳:これを覚えていますか?2022年の巻き返し。フィギュアスケートで2度のオリンピック優勝を果たした羽生結弦選手が、プロ転向を表明し、10年以上にわたる最高峰での戦いに終止符を打ちました。

 

 

スポンサーリンク

みんなの反応

 


翻訳:そして今、フィギュアスケート史上初の東京ドーム完売を一手に引き受けている😏✨🎉歴史を作るために生まれてきたのだ

 

翻訳:プロになってから、彼はより積極的に活動するようになった。それだけに、彼がプロとしての道を歩んでいく上で、どんな先駆的な仕事をするのか、追いかけたい人はますます増えている。 GIFTは2月ですが、彼の継続的な努力と芸術性を埋め込むこと、高めることをレポートしていただけませんか?

 

翻訳:覚えていますよ。でも、55000人収容の東京ドームでのワンマンアイスショーも楽しみにしています!

 

翻訳:冬季オリンピックに3度出場し、驚異的な競技生活を送ってきた羽生結弦選手は、北京冬季オリンピックでは、自分を超え、金を超え、真のオリンピック精神を体現してくれました。 プロ転向後は、スケートという芸術の中で様々な表現を模索し続け、ソロのアイスショー「プロローグ」を大成功させ、来年2月には東京ドームで史上初のアイスショーを開催するスケーターでもあります。

 

翻訳:絶対に忘れないよ。ずっとです。
これからもずっと、羽生結弦選手を応援していきます。

コメント